株式会社ISO審査登録機構トップへ戻る
苦情・異議申し立て

マネジメントシステムの認証機関が、信頼を与える認証を提供するためには、公平であること及び公平であると認識されることが必要です。

その信頼を守る重要な手段の一つとして、株式会社 ISO審査登録機構(RB-ISO)では、RB-ISOのマネジメントシステム審査登録業務及びRB-ISOで登録されている組織(登録顧客)に関するご意見、苦情、異議申立てを受け付けています。これは、RB-ISOが実施する審査の対象がサンプリングによる限られた範囲であることの弊害を、実際の消費者、利害関係者の方々の声に耳を傾け、評価、あるいは調査していくことで補っていこうとするものです。

受け付けた苦情、異議申立て、ご意見等は適切に処理し、対象となった組織及びRB-ISOのマネジメントシステムの有効性の継続的改善に役立てて参ります。

申立ての対象

◇異議申立て
RB-ISOの登録顧客(登録前の申請組織を含む。)が、RB-ISOが行った決定に対して不服がある場合に再考を求める要請をいいます。RB-ISOが行った決定には、申請受理の拒否、審査結果、判定結果(登録の一時停止や取消等含む)、またその他認証取得を阻む、あるいは不利にする行為等を含みます。

◇苦情
RB-ISOの審査登録業務又は登録顧客のマネジメントシステムに対しての不満の申立てで、上記異議申立て以外のものを「苦情」とし、原則としてRB-ISOの登録顧客の登録範囲に限らせていただきます。
登録顧客についての苦情は、まず申立て者の了承を得た上で、当該顧客に通知し、対応を委ねます。その後、当該顧客の対応が適切でないとして苦情が申し立てられた場合、苦情として受理します。

申立ての方法

苦情や異議申立ては、その事由の発生を知りえた日から45日以内に下記RB-ISO上級経営管理者宛に文書でご提出ください。内容の正確性を期すために、申立ては文書によるものに限らせていただきます(お電話による申立ては受け付けないものとします)。
「申立て書」には、申立て者名、及びその連絡先、申立て年月日、申立ての内容、関係する組織等の情報を記載してください。匿名での苦情については、原則として対象外とさせていただきます。入手した個人情報については機密情報として取扱います。
尚、RB-ISOは、異議申立て及び苦情の申立て、調査及び申立てに関する決定が、申立て者に対する差別的行動につながらないように致します。

苦情・異議申立て等の窓口
〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-32-11-5F
株式会社 ISO審査登録機構 上級経営管理者 須田 雅世
メールアドレス access@rb-iso.com
申立て書のダウンロード(PDF)
異議申立て及び苦情の処理

苦情・異議申立てのお取り扱いの流れ

申立てを受理した場合、正式に受理したことを通知し、速やかに内容の調査を行います。尚、記載事項に虚偽が発見された場合は、その結果を通知し、その時点で処理を終了します。受理した内容によって、苦情、異議申立て、それ以外に区分し、適宜調査、調停委員会等による審議を実施します。審議の結果については、書面にて通知します。

既に苦情又は異議申立てとして審議され結果がでている案件に対しては、新事実が判明した等大きな状況の変化があった場合のみ再度受理します。